Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
10月11日
映画『ガリーボーイ』オリジナルグッズプレゼント
10月10日
映画『楽園』綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督が登壇 大阪舞台挨拶
特集> 男前の条件 > 有名人が語る男前の条件 小池一夫インタビュー
漫画原作者、作家として活躍後、数々の名だたる漫画家・ゲームクリエイター達を育てたキャラクター界の巨匠・小池一夫。
79歳の今もなお、WEBや専門学校などあらゆる場で「キャラクター」というものについて教鞭をふるい、後進の指導に取り組むなど約50年にも渡り第一線で活躍されているその視点から、日本の現状やこれからの時代の流れを説いてもらった。
小池一夫インタビュー
PROFILE
作家。漫画原作者。
代表作に「子連れ狼」「首斬り朝」「修羅雪姫」など多数。
77年より漫画作家育成のため『小池一夫劇画村塾』を開塾。独自の創作理論「キャラクター原論」を教え、高橋留美子、原哲夫、板垣恵介、堀井雄二など、多くのクリエイターをデビューさせる。現在も「キャラクターマンWEB講座」の開講や、大阪エンタテインメントデザイン専門学校で教鞭をとるなど後進の指導にあたっている。
ツイッターアカウント:@koikekazuo


最近気になっているキャラクターなどはいますか?

アメリカ人に「今、一番ホットなキャラクターはなんですか?」と聞いたら、『初音ミク』だと答えていたので、やはり気になっていますね。初音ミクはソーシャルの世界で歌を歌う“ボーカロイド”というツインテールをした女の子のキャラクターですが、あのキャラクターにはドラマがついていない。何のドラマもついていないキャラクターというのは漫画の世界ではありえない。ストーリーやセリフがないから、性格がわからない。けれどニコニコ超会議などのイベントへ行けば、ものすごい人がそのキャラクターに集まっています。異質な存在のキャラクターがひとり歩きして、マスメディアを食っているという現象。これは気になります。

小池一夫インタビュー"

キャラクターコンテンツが社会に与える影響とは?

これから初音ミクのようなソーシャルのキャラクターというのは、どんどん出てくるでしょう。例えばローソンのキャラクターの「ローソンクルーあきこちゃん」。最初はローソンに勤めている店員というだけのキャラクターしかついていなかった。だけど、様々な仕掛けやイベントを次々に用意して、『あきこロイドちゃん』というボーカロイドまで作ってしまいました。大ヒットしてローソンの売上に貢献しています。今後どんどんこの傾向が強くなっていくでしょう。企業が用意するキャラクターは原型くらいで留めておいて、あとはどんな顔をして、どんな髪型をして、どんなものを着ているか。どんなイベントをして、どんな歌を歌わせるか。これを「みんなで考えて作りましょう」という形にすることで、ソーシャルメディアの中で作っていくと人気が出てくる。人気が出てくるとさらに人が集まる。こうやってそのキャラクターをみんなで作っていくからみんなのアイドルのようになってしまうのです。
ですが、スマートフォンやタブレットといったソーシャルの世界は、基本的にはフリーミアムという経済スタイルなので、それだけではなかなか収益を生み出せません。マスメディアの世界は落ち込んでいって今いいものがあまりない。この2つの世界が入り混じって動いています。マスメディアが滅びるのか、ソーシャルメディアが生き残るのかの戦いの中、角川とドワンゴがくっついた理由はおそらくこれでしょうね。つまり、ソーシャルで出てきたキャラクターを、逆に今度はマスメディアの世界が物語をつけて漫画にして、ドラマにして、アニメにする。そして出版する。今までのやり方とは逆の世界が登場しているのです。この合併がどうなるか楽しみですね。

(続く)
LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。