Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
10月11日
映画『ガリーボーイ』オリジナルグッズプレゼント
10月10日
映画『楽園』綾野剛、佐藤浩市、瀬々敬久監督が登壇 大阪舞台挨拶
特集> 男前の条件 > 有名人が語る男前の条件「奥華子」
20〜30代の女性だけでなく、30代以上の男性からも支持を受け、最近では高校生や中学生からも人気を集める。実に幅広い層のファンを獲得しているシンガーソングライター・奥 華子。今年3月に発売した記念すべき10枚目のシングル『初恋』が見事、オリコン初登場トップ10入り。デビュー5周年を迎えて、順調にキャリアを重ねる彼女に、今の心境や最新アルバム『うたかた』、そして男前について語ってもらった。
過去を振り返ることで家族の絆を考えられる
奥華子
思い出すとまだ胸が痛くなる。初めて本当に人を好きになって失恋したとき。もう相手の気持ちが自分に向いていないとわかっても、まだそばにいたいと思ってしまう。初のオリコントップ10入りを果たした奥華子の10thシングル曲『初恋』は、そんなやるせない想いを書いた曲だ。
「初恋というと、子どもの頃に経験した淡い恋を想像しがちですが、この曲は、大人になってから経験する本当の意味での初恋。失恋して初めてその大切さに気づく恋のことを書きました」
 失恋ソングが多いと言われる彼女の楽曲の中でも、群を抜くと言ってもいいほど、切々と歌い上げられているのが印象的だ。
「こういう女の人がいたら嫌だなあって、自分でも思ってしまうくらいしつこい(笑)。でも、そういうあっさりしてない歌の方が自分らしいのかなと思うし、その曲を支持してもらえたのは、すごく自信につながりました」
奥華子
 この『初恋』のほか、11thシングルで、PSP「テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンX」のテーマソング『ガラスの花』も収録された5thアルバム『うたかた』が先日発売された。
「上辺だけの気持ちとか人間関係というよりも、もっと深いところで“本当のことは何だろう?”“本当の恋って何?”って歌っている曲がすごく多いんですよ。でも、本当のことが分からなくて、欲しいんだけど手に入らなくて。アルバムタイトルは、そういうはかなさとか、結局生きてることもはかないって思ったりとか。恋のはかなさも含めて、“うたかた”という言葉にぴったりだなと思ったんです」
 「うたかた」を漢字で表記した『泡沫』という曲も、1曲目に収録されている。10年ほど前に書かれ、今回初めて音源化された楽曲だ。最近書かれた曲の中に入っても、全く違和感なく、彼女ならではの世界観がアルバムを通して貫かれている。
「結局歌ってることとか、歌いたいことって変わってないんですよね。いいのか悪いのか…成長してないんです(笑)」
奥華子
奥華子
奥華子
トレードマークの赤メガネ。Tシャツにパンツ姿というカジュアルなスタイル。「声だけで泣ける」と称される、透き通っていて伸びやかなやさしい歌声…。そんなイメージもデビューからずっと変わらない。しかし、「歌を始めた頃は、歌い方も声も今とは全然違ったんです。見た目もワンピースとか着て、もっと女の子っぽかった」のだと言う。
デビュー前の5年間は、主にライブハウスで活動。客は多くて5人。それでも「自分が一番」と疑わず、デビューできることを信じていた。ところが、ある日、その自信は根拠のないものだったのだと気づく。
「今のプロデューサーに出会って、“そんなにスゴイんだったら、とっくに売れてるんじゃないの?”って言われて。はっと気づいた。自分を変えなくちゃと思いました」
自分がただ歌いたい曲から、聴く人に“伝わる曲”を意識するようになった。そうして、新生奥華子の曲で、どのくらいの人が聴いてくれるのか。それを試すために行ったのが、路上ライブだ。
「見た目も、機材を持つから、動きやすい格好、冬はジャージ、夏はTシャツみたいな。赤メガネも顔が地味だって言われてかけるようにしたんです。これで人が立ち止まってくれなかったら、もうダメだろうという気持ちで、一日一日目の前の人の足を止めることだけを考えてやりました」
結果、1年間で10万人もの人が歩む足を止め、自主制作CDを2万枚売り上げた。その驚異的な集客力が話題となり、デビューへの夢もつかんだ。本来の自分を変え、多くの人から支持されるアーティスト・奥華子を作り上げたのだ。
頑張ってる人は顔も良くなってくる
奥華子
 見た目も歌い方もガラリと変え、デビューして5年。以前のワンピース姿の奥華子は今では想像もつかない。
「うーん、今は昔みたいに歌えないし、こういう服しか持ってないし、これが普通になりましたよね」
そのサバサバした性格は、女性であるのにどこか男前さを感じさせる。
「結構ズバスバ言っちゃう方なので、確かに男っぽいとはよく言われますね。逆に男の人が女性っぽく見えるというか。すごく繊細ですよね、男の人って」
では、最後に、彼女が「男前だ」と思う人はどんな人なのかを質問してみた。
「あまり相談したりしない、自分で決める人。ちょっと分かんないなんて言わずに、これは正しいとか、これは間違ってるでしょってちゃんと判断できる。いくら見た目が良くても、うじうじしていたら男前とは思えない。逆に、外見がイマイチでも、自信を持っている人って格好よく見えるんです。そういう意味では、すごくオシャレだったり、自分に似合うものを着ている人だったりっていうのは、すごく男前だなと思います」


『うたかた』
3,000円
発売元:ポニーキャニオン
大ヒットシングル『初恋』『ガラスの花』ほか、10年くらい前に作った曲から最新書き下ろし曲まで全14曲を収録。奥華子の真骨頂である弾き語りによるシンプルなサウンドでつづられた『秘密の宝物』や、「生でドラムとギターとピアノだけで、せいので録った」と言う、異色な世界観を放つ『パズル』、「何のために歌うんだろうって考えて曲ができなくなったとき、ライブをやって応援してくれる人に会いたいからがんばらなくちゃと思って作った」という『元気でいてね』など、バランスよくさまざまな個性の楽曲を詰め込んだ、デビューから5年間の集大成的な1枚。

● ライブ情報
10/16(土)京都府・京都会館第二ホール15:30開場 16:00開演
12/22(水)兵庫県・神戸新聞松方ホール18:00開場 19:00開演
3/12(土)大阪府・森ノ宮ピロティホール15:30開場 16:00開演
3/13(日)大阪府・森ノ宮ピロティホール14:00開場 14:30開演
(問)キョードーインフォメーション06-7732-8888
その他の地方については、公式ホームページhttp://www.okuhanako.com/を参照
プレゼント
奥華子さん直筆のサインが入ったかわいいイラストのカレンダーを1名様にプレゼント。
「プレゼントコーナー(2010年9月30日 20:00締切)」の応募フォームより、どしどしご応募ください。
※当選の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。
LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。