Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
02月15日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.50
02月01日
映画『半世界』稲垣吾郎・阪本順治監督 舞台挨拶in大阪
特集> Voice of Mindインタビュー
関西出身の6人組バンドVoice of Mind。
現在活動の拠点を東京に移して、ライブやCMでの楽曲提供で着実にファンを増やしている。
今夏8/18、移転を含めると20年以上続く老舗ライブハウスクラブ「クアトロ梅田」でワンマンライブをすることになった。
キャパは約500と中箱ながら、心斎橋で暖簾を守り続けり続けたブランド力は絶大であり、国内外の有名ミュージシャンがライブを行うこともあるほどだ。今夏8/18のライブはVoice of Mindの集大成と言っても過言ではない。
若さと元気溢れる伸び盛りの6人のこれからの意気込みとメンバーが考える男前像に迫る。
Voice of Mind
メンバー紹介 手前から

リーダーでボーカル:アフロGroovin'
ベース:Park
ボーカル:ユキヤマン
ボーカル:Chii
ギター:池田"ライライ" 誠
ボーカル:やっぴー
ボーカル4人、楽器2人のバンドVoice of Mind
Voice of Mind
編集: まず一番に目に入りましたが、名前どおりの印象的な髪型ですね。

アフロ: ボクは見た目そのままの名前です。
メンバーとは大阪音楽大学の同級生ですが、出会った時にはすでにアフロでした。

Chii: 凄い威圧感です(笑)

編集: みなさん関西出身ですよね。

アフロ: ライライが兵庫でParkが滋賀で他は皆大阪です。
今は東京に住んでいます。男子4人でのルームシェアは毎日新鮮です。

編集: 6人組で2名が楽器、4名がボーカルとボーカルの方が多いバンドって珍しいですよね。

Voice of Mind
アフロ: ボーカルのアカペラグループなら沢山いますが、バンドは珍しいかもしれません。男女2:2のボーカルであり、尚且つ全員ソロで活動していたので全員がメインパートというか主旋律を歌えます。個々がソロボーカルとして確立していますし、男女2:2なので色々なバリエーションを楽しんで頂けるかと思います。

Park: バンドなので曲自体もバンド志向なところが強いです。バンドであり、 ハモリもあるのでアカペラとバンドのいいとこ取りになってます。

編集: ハモリがあるバンドでの楽器演奏なので、苦労とか工夫が多そうですね。

ライライ: ギターパートを色々アレンジするとボーカルのパートと被って難しいですが、逆にそれがおもしろかったりします。一番よく聞こえるのはやっぱりギターソロですし、バンドなのでソロは聞いて欲しいです。

編集: 楽器とボーカルが2:4ですがそこでの対立はないですか。

アフロ: もしかしたらあったのかもしれません。しかし、うちの楽器2人はバンドの主役がボーカルだと理解してくれています。

Voice of Mind
ユキヤマン: バンドや楽器やっている人にそういう人は少なくて普通は表に出たがるものです。でもうちの2人はボーカルがどうやったらもっと良く聞こえるか一緒に考えてくれています。
なんだったらもっとボーカルが聞こえやすいアドバイスまで出てきますし、楽器よりもボーカル、MCを含めて考えてくれているのだと思います。

Chii: 2人には意見を求めることが多いです。気になるといつも意見を求めます。

編集: ボーカルの皆さんがそれぞれ違う持ち味をお持ちですね。
優しい歌声や力強い歌声が織り交ざった、聴きやすくて耳に残る曲ですし、歌詞にも勇気付けられます。

アフロ: 皆20代ですし見た目からは意外かもしれませんが、実はファミリーからの支持が一番多いです。

Chii: 作曲では皆が楽しんで貰えるのを第一に心がけています。こういう風に歌ったら喜んで貰えるだろうなとか、こういうテーマでやれば楽しんで貰えるだろうなとか求められていることを探して作り上げています。

ユキヤマン: 若者だけに受け入れられる音楽をやっていく気はないです。一部のファンだけに届けるのではなく、街ですれ違うような沢山の人々に気に入って貰える歌をつくっていきたいです。
SNS、ストリーミング放送を取り入れる新しいファンとの交流方法
編集: フェイスブック、アメーバブログ、mixiを頻繁に更新して活用されていますね。
色々なコミュニケーションツールを積極的に活用してファンの方々と交流しようとなされていますが、中でもニコニコ生放送やユーストリームにはびっくりしました。
生放送で直接ファンの方からコメントがきますよね。

アフロ: なんというか、そういうのが元々好きなんですよ。
うちらはファンの皆さんと凄く距離感が近いと思います。

Chii: 距離は大事にしています。ファンミーティングで一緒にBBQや生演奏しましたが私たちもそこからパワーを貰っています。遠くのファンとはネット配信を通じて、いつも私たちの近くで応援してくれるファンとは直に交流できればいいかなと思っています。

編集: ニコニコ生放送やユーストリームだと直接放送中にコメントが貰えますよね。
凄く近いというか。

アフロ: でも親近感を感じるようなそんなバンドを目指していきたいです。

編集: 新しいことを積極的に取り入れていますね。
これからどういうバンドに成熟していくか楽しみです。
Voice of Mindが導き出した男前像
Voice of Mind
アフロ: ボクとやっぴーはタイプが似ていると思います。

やっぴー: 別に私はミュージシャン的な所は全然ないですし、考え方も極極一般的です。せっかちですし思っていること言ってしまいます。
でもアフロと考え方は似ていると思います。
アフロはしっかりしていますし、あと、優しいです。私は優しさ全然ないです。
私は思わないですが、客観視するとメンバーで一番男前だと思います。

アフロ: でも全然思ってへんねやろ(笑)

やっぴー: 自分の家族のことを男前だとときめくことはないですよね。でも客観視はできるのでその点アフロかなと。

Chii: 皆それぞれ男前なところはあります。
アフロは草食性男子が多い中、リーダとしてドシッと構えてくれています。
悪いところもいっぱいありますが男前を感じます。
Parkは口下手ですが心が広くて凄く優しいです。寛大な心をもっています。
ライライはだんだん格好良くなっていて、見た目が垢抜けてきているというか、内面が表情に出てきているのだと思います。おおらかで優しいですし。共同生活してると嫌なところが見えてくると思いますが、ライライは全然何もないみたいなのです。
ユキヤマンは優しくておもしろいです。

やっぴー: でも優しいだけの男はいっぱいおるねん。
ふとした優しさは素敵と思いますけど、下心が見えた優しさに女は敏感なので。

Chii: ライライもそうだと思うのですが、男前は顔より、表情に表れるものだと思います。
芸能人でいうと劇団ひとりさんがとてもいい表情をなさっています。
人柄の良さと芸人や作家として活躍できる恵まれた才能がこれでもかというくらいに表情に出てきているので惹かれます。
王道ですが三浦春馬さんも内面が表情に表れてると近頃感じます。
はじめて見たときは初々しかった印象でしたが、日に日に格好良さが増していってらっしゃいます。劇団をなされたり、経験が表情に表れているのだと思います。
顔の変化から努力家だと見て取れます。

やっぴー: めっちゃ分かる。最初は特に何も感じませんでしたが今は私も魅力的に感じます。
劇団ナイロン100℃所属の大倉孝二さんはドラマだといつもひょうきんな役柄なので普通にしているだけでめっちゃ格好いいと思いました。

ユキヤマン: でもそれは素の部分を見たからやろ?

編集: ギャップってことですか?

やっぴー: ギャップなんですかね〜。ユースケサンタマリアさんに「ユースケさー」って言ってて、ユースケって呼び捨てできてるー!と、ふとした発言で格というか凄さが分かって男前に見えたのかもしれません。

アフロ: ボクは男前って聞くと表情よりも顔とか体型とか外見を想像します。

編集: 意見が分かれてますね。

Chii: いつも決まって女の意見と男の意見で分かれます(笑)

やっぴー: 男女4:2で女性票が少ないのでいつも劣勢です。
Voice of Mindやってて凄く思うのですが、女の人は現実的な考え方で男の人は凄く遠くの理想に向かう傾向があると思います。ミーティングしてるといつも痛感します。
でもTVとかを通してではなく、男性を男前だと実感するのは仕事でたくさんの人に慕われている瞬間を見たときです。
人間普通に生きているだけだとそうにはなれないじゃないですか。
だから、葬式に何人来るか。ここが男前のポイントだと思ってます。

Voice of Mind
Park: 連れてくじゃなく、自然な振る舞いで人が寄ってくると男前には男でも憧れますよね。葬式に何人来るかは男前の条件だと思います。

アフロ: Voice of Mindの男前は葬式に何人来るかで結論が出ました。

一同(笑)



●ツアー情報
ホテルセイリュウpresents
Voice of Mindワンマンライブ in OSAKA「Route of The Ship」


公演日:2013年8月18日(日) 17:00 開場 / 18:00 開演
会場:梅田クラブクアトロ
料金:自由席 ¥2,800

主催:サウンドクリエーター

チケット発売先
電子チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:201-447)
ローソンチケット:0570-084-005(Lコード:55117)
e+(イープラス):http://eplus.jp

お問い合わせ先:サウンドクリエーター:06-6357-4400(平日12:00〜19:00)
http://www.sound-c.co.jp
LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。