Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
12月07日
リラクゼーションマッサージサロン「BALI(バリ)」
12月05日
ラーメンカフェ ヨーローピープス〜一杯のラーメンが出来るまで〜
特集 > できる男の夜遊びを覗き見 vol.1
最近、夜遊びしてますか?
仕事に追われ、ちょっと一杯呑んで家に真っ直ぐ帰宅・・・
なんて日常ではないですか?
プライベートな時間をアグレッシブに楽しんでこそ粋な大人。
気になるあの人の夜の過ごし方を覗き見!
「誰かの役にたって、そこに自分がいる。
自分という立場を利用して、人と人をつなぐ掛け橋になったり、困っている人を助けることができれば。」
彼と一緒にミナミの街を歩いていると、彼の知り合いによくすれ違う。若いパワーを放った専門学生から、風格のあるダンディーなおじさままで、その年齢層は実に様々。彼の回りにはアートの垣根を越えた様々な分野の"人"でいつも絶えない。世代が違っても慕われる理由は、柔和な人柄と軽いフットワーク。今回の取材を通して実績もさることながら、人間的魅力も知ることができた。



「digmeout ART&DINER」マスター 古谷高治(フルタニタカハル)
94年アートギャラリーカフェのハシリ的存在「タンクギャラリー」をオープンさせる。その実力が認められ、FM802のアートプロジェクトが手掛ける「digmeout CAFE」の店長に抜擢。
その後「digmeout CAFE」はまだ発掘されていない若いアーティストにとっての登竜門、いわばアートの情報発信基地として浸透。その研ぎ澄まされた感性でいくつものクリエーター達の作品をバックアップし、世に送り出してきた。また大手企業とのコラボプロジェクトなども多数手掛け、世間からの注目も高い。
06年にはアメリカ村に「digmeout ART&DINER」として移転リニューアルし、営業時間を24時間に拡大し「眠らないギャラリー」としてますます活動の幅を広げる。
随時イベントやライブも行っており、カルチャー・ファッション・クラブシーンと大阪のムーブメントを活発に発信。
『ディグミーアウトバーガー(800円)』は、ボリューム満点のパワフルメニュー。

女性の方必見! 金曜はレディースデーです。
ランチを頼むとデザートが無料でついてきますよ。
様々なアーティスト作品紹介の場を提供するギャラリーダイナー『digmeout ART&DINER(ディグミーアウトアート&ダイナー)』のマスターである古谷さん。もともとアートギャラリーをはじめるきっかけとなったのは、伝説のアーティスト『アンディ・ウォーホール』やストリートアートの仕掛人『アーロン・ローズ』の影響が大きいのだとか。「彼らの作ったスタジオのように、面白い仲間が集まってクリエイティブなことをしたい。場所がある強さを利用し、人ありきのクリエイティブなものを発信する中心になれれば」と語る。その言葉通り各業界に遊び仲間も多く、様々な分野で活躍の場を広げている。
同店でのアートギャラリーではおよそ2週間おきに作品が変わり、初日には必ず記念パーティーが開かれる。「誰でも気軽に参加できるので、気になるアーティストさんに是非逢いにきてください」とのこと。
「稀に見るこの2ショット。もしかしたら、最初で最後かも!」なんて笑い合う一幕も。

Buttahスタッフは全員サッカーが好き。
なのでサッカー話で盛り上がる事ができますよ。
日本のサッカーファンよ、Buttahに集まれ!

東心斎橋のとある路地を一本奥に入るとタイムスリップしたかのような懐かしい空間が。長屋が軒を連ねるその中の一軒にアジアンカフェ「Buttah(ボタ)」はある。ここはオーナー川崎さん含め、スタッフ全員とプライベートでもとても仲の良いお店。この日も「おっ!漫画増えてるやーん!」とカウンターにあるコミックを手にスタッフと取り留めのない会話を交わしていた。時折漫画喫茶としても使用するとか、しないとか・・・・ そんな同店でのお気に入りのメニューは『ナスキーマカレー』で、その後に「"ナスダブル"で!」と独自のオーダーを付け加えるのも古谷流。「ここのチャイはアジア一旨い!」とも豪語する。

独自に茶葉をブレンドし、スパイスの味と香りが効いた「チャイ(450円)」。
もともと音楽が好きだった古谷さんの夜遊びの中心は、クラブイベントやパーティーなどが主。7年前からDJとしても活動しており、「自分がDJとして参加することにより、一層密に音楽に携わることができる」と語る。最近はブラジル音楽に凝っているのだそう。 リニューアルし、より一層パワーアップし生まれ変わった「Dining & Bar BLEU(ブルー)」でも、月に一回DJとして参加している。週末になると仲間が集まって食事を楽しんだり、お酒を酌み交わして、有意義な時間を過ごしているのだとか。計算しつくされたラグジュアリーな店内で、水辺に反射し光る夜景を眺めながら、「デートにおすすめ!」と太鼓判を押す古谷さん。

星屑を散りばめたような幻想的なメインダイニング。
煌めく夜のネオンを見つめながら都会の喧騒を忘れ、洒落たカクテルでクールダウン。
誕生日の日に事前に予約をするとサプライズでバースデーケーキを用意してくれて、DJがバースデーソングをまわしてくれます。
パーティーにもおすすめですね。

神戸の音楽バー「GOSPEL(ゴスペル)」で7年間修行を積んだ店主が後に、東心斎橋の地で一軒のお店を構えた。その名も「BAR JAZZ(バージャズ)」。劇場用スピーカーやマッキントッシュのアンプなどの本格的な音響設備を備えており、非の打ち所が無いリスニング空間が広がる。
黒で統一された壁面と真紅のシャンデリアが、独特の雰囲気を醸し出しているダイニングバーであり、取り扱うドリンクやフードなどは、完全に“大人”を意識した内容。完全防音仕様のカラオケ付きVIP個室もあり、遊び心を忘れない大人の社交場としていま注目を集めている。
『来店されたお客様が皆笑顔になるように』という願いを込めて名付けられた「kitchen 和(キッチン ニコ)」。店内に入ると威勢の良いスタッフの声が響きわたる。新鮮な魚と鶏を使い振舞われる料理の数々は、どれも舌を唸らせる逸品ばかり!
イタリア・ローマの伝統的な郷土料理が味わえる、本場イタリアのトラットリア(酒場)をイメージしたカジュアルダイニング。深夜帯でも手間ひま掛けたおいしい食事が楽しめることで、仕事帰りのサラリーマンや心斎橋界隈で働く人達や女性客で賑わう。
堀江のイートマーケット・ちゃぶマイルのなにわ筋沿いの路面に位置する「お好み たまちゃん」。特製油カス焼きを筆頭に薄焼きや山芋の混ぜ方がポイントとなるお好み焼きなど、家庭的な粉モン文化を楽しむことができる。また韓国の家庭一品料理も豊富!
大阪・中崎町に位置するクラブ「NOON(ヌーン)」は、2004年に元クラブDAWNから新たに生まれ変わったクラブとして、毎夜さまざまなイベントを開催中。元DAWNとして名を馳せ、現在も高質の音楽やカルチャーを発信し、大阪のクラブシーンにおいて重要な役割を担っている。

『世界に通用するクラブ』を目指してオープンし、今や音楽アートの中心地にまで成長。2002年より国内外のTOPアーティストが訪れるなど、そうそうたる顔ぶれがプレイしている。3階から5階まで吹き抜けで開放的な3フロアは、異空間のオーラを放つ。

世界水準のサウンドシステム “FUNKTION ONE”を導入し、圧倒的な音圧と澄み渡る高音の両立を実現したハイクオリティーな空間。ハウスを中心に各ジャンルの音楽を扱い、そのラインナップも世界ランキングの常連が名を連ねているだけあって、連日幅広い年齢層で賑わいを見せている。

LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。