Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
01月17日
Night Prince - 夜のイケメン 「男塾」塾長・幸太郎・レオン
12月10日
MASASHIの恋愛失敗談
特集 > 男の履歴書DX 「谷原章介」
男の履歴書DX
谷原章介
氏 名 谷原章介
ふりがな たにはらしょうすけ
出身地 神奈川県
生年月日 1972年7月8日
血液型 A型
身 長 183cm
体 重 72kg

プロフィール
1992年ファッション誌『メンズノンノ』の専属モデルを2年間務め、1995年俳優デビュー。エリートからイケてないダメ男まで幅広い役柄をこなし、現在までにドラマ約80作品、映画約25作品ほか、バラエティ、CM、舞台など幅広い場で活躍。トーク術にも長け、バラエティなどの司会もこなすほか、定評ある声を活かしたナレーションの仕事も多い。
趣味も、家具、時計の収集、ギター、車、音楽鑑賞と幅広く、料理の腕もプロ並みらしい。顔も良く多趣味、おまけに愛犬家だから心もきっと優しいはず。ただし、あるインタビューで「恋愛は外見も大切!」という意見を言い放つ容赦ない一面も。

履歴
1979年 横浜市立高田東小学校入学、その後横浜市立元街小学校に転校
1985年 横浜市立新田中学校入学
1988年 神奈川県立港北高等学校入学
1991年 ファッション系アートスクール『セツ・モードセミナー』入学、その後中退
1992年 雑誌『メンズノンノ』専属モデルでモデルデビュー
1995年 映画『花より男子』の道明寺司役で俳優デビュー。『未成年』でテレビドラマデビュー
1999年 『リトルショップ・オブ・ホラーズ』で舞台デビュー
2004年 『カミングダウト』でバラエティ番組の司会デビュー
2007年 元タレントの三宅えみと結婚、三宅の連れ子の父親に。(※1)同年10月実子が誕生
2009年 女児が誕生。3児のパパに

職歴
1992年 雑誌『メンズノンノ』の専属モデルに。その後2年間務める
1995年 映画『花より男子』の道明寺司役でスクリーンデビュー
1999年 『リトルショップ・オブ・ホラーズ』で舞台デビュー
2004年 『カミングダウト』でバラエティ番組の司会デビュー。NHK大河ドラマ『新撰組!』で伊東甲子太郎役を熱演。時代劇に挑戦する
2005年 人気ドラマ『ごくせん』にて九篠拓真役を、大奥シリーズ『大奥 華の乱』にて将軍・徳川綱吉役を演じる。『ごくせん』以降、単発ドラマを含めると、ほぼ全クールのテレビドラマに出演し続ける。
2006年 阪本順治監督『亡国のイージス』、中島哲也監督『嫌われ松子の一生』、石川北二監督『ラブコン』と話題の映画に立て続けに出演。『嫌われ松子の一生』はテレビ版でも異なる役で出演を果たした。『MHK中国語会話』に出演、中国語に挑戦する
2007年 約10年半司会を務めた寺脇康文に代わり『王様のブランチ』のメインキャスター(※2)を務める。三谷幸喜監督作品『ザ・マジックアワー』出演
2008年 英勉監督『ハンサム★スーツ』出演(※3)。ハンサムのキャラクターが不動のものに
2009年 寒竹ゆり監督作品『天使の恋』出演(※4)。『花より男子』以降、ありそうでなかった王道のラブストーリーを熱演する
2010年 NHK大河ドラマ『龍馬伝』桂小五郎役で出演中。草なぎ剛主演で星護監督の作品『僕と妻の1778の物語』が公開予定

ここが男前
元グラビアアイドルの三宅恵美は、いしだ壱世の元妻。さらに、いしだ壱世との間には3歳になる子どもが。いきなり父親になった上、入籍時、三宅のお腹の中には谷原自身の子どもも。イケメンでスマートな恋愛をしそうではあるが、バツイチの奥さんとできちゃった結婚をするあたりが、オチャメで憎めない男前といった感じ。以前オセロの中島知子とつきあっていたあたりも、「外見も大切」と言いつつ、中身もしっかりチェックしている感じが好感度大。
谷原は顔だけでなくトークも上手い。俳優やモデルとしてだけでなく、テレビ番組の司会やナレーターもそつなくこなし、バラエティ番組にゲスト出演しても、持ち前のコミカルさを活かし、抜群のコメントを発する。最近は「ハンサム」であるキャラクターを前面に出し、自分がどれだけハンサムでモテるのかを爽やかに語る場面もしばしば。なのに全く嫌味を感じさせないところが、男前として上級者の域にいると言えるだろう。
06年『ラブコン』出演時に、「コミカルな演技が絶対似合う!」と確信したという脚本家、鈴木おさむが出演依頼。谷原は、着るとハンサムになれるハンサムスーツ着用時の主人公を好演(ちなみにスーツを着用していないときは塚地武雄が担当)。見た目はハンサムだけど、中身はイケてない男子という難しい役どころをコミカルに演じ、この作品で、ハンサムといえば谷原という位置付けを一層不動のものとしつつ、彼の持つコミカルな部分も存分に発揮。2枚目でも3枚目でも通じる器用さは、男前としての必須条件。
95年『花より男子』以来の正統派ラブストーリーと本人も語る作品。谷原が演じたのは、頭に悪性の腫瘍ができ、余命を宣告された35歳の大学講師・光輝。カリスマモデル佐々木希が演じる17歳の理央の、奔放でストレートな愛に次第に惹かれながらも、自分の病気のことを打ち明けられない役どころを切なく演じている。将来を閉ざされた男の哀愁を漂わせつつ、理央にひと目惚れされるだけのイケメンさも披露。役柄では18歳、実際でも16歳の年の差を感じさせないところもさすが。

男前度チェック
顔 ★★★★★
顔は男女ともに、恐らくほとんどの人が認めるであろうイケメン。『ハンサム★スーツ』の影響もあり、「ハンサムといえば?」という問いにハマる俳優ナンバーワンと言っても過言ではない。特に甘いマスクと爽やかなオーラは、女性からの支持も高い。文句なしの五つ星!
スタイル ★★★★☆
背は183cmと高身長で細すぎず太すぎず。ただ、あまり肉体を披露することはないが、鍛えられた筋肉美というには少し物足りない印象。ファッションは、モデル出身で母親もファッション業界にいるらしく、自身も専門学校に通っていたこともありセンスはいいはず。
所作 ★★★★★
役どころによって変化はするが、基本的には、育ちの良さを感じさせるようなスマートな立ち居振舞い。デート中はいつもリードしてくれそうな頼もしさも備わっている。ハンサムにふさわしい所作は、ハンサムとして生きていたからこそ身につくのだと思わせる。
声 ★★★★★
ナレーションの仕事も多いだけに、ちょい低めの声で流れるように話すしゃべり方は、これまたハンサムというにふさわしい。外見を裏切らない声、話し方。その徹底ぶりには頭が下がる。
生き様 ★★★☆☆
モデルから始まり、俳優へと転進というのはよくあるパターン。心の内には熱い想いを秘めているのかもしれないが、表面的にはどこか飄々としたムードが感じられ、男前な生き様を感じるまでには至っていないかも。
内面 ★★★★☆
多趣味で、特に料理がプロ並みの腕前というのはポイントが高い。変に謙虚になるわけでもなく男前としてのスタンスで常にいながらも、嫌味は感じさせないのは、彼の人柄ゆえだろう。バツイチの妻をもらうあたりも好感が持てるが、「女は顔」と言い放つ部分は反感を買うかも。

総合評価
20年以上たってもリスペクトされ続ける男前エンターテイナー
谷原章介  誰が見ても「ハンサムである」と認めざるを得ない恵まれた端正な顔だちと背格好。 必然的にイケメンの役柄は多くなるが、キレる男からナンパな男、嫌味な男、インテリなど、役柄はさまざま。 どの役柄も、要領良くこなし、いわゆるイケメン俳優にありがちな「顔だけでここまできた」感は全くない。 だからと言って、徹底した演技派というわけでもなく、外見と内面のバランスを上手にとった、嫌味のないサラリとした演技。 個性派を望む人には物足りないかもしれないが、考えてみたら、イケメンであることを皆に認めさせつつ、イケメンさを前面に出すこともない、時にはコミカルに演じられる俳優は、他にはなかなかいない。 ドラマ出演が間をあけることなく続くのも、それを証明しているといえよう。 多忙に違いないのに、多趣味でプライベートも充実している様子なのも、彼独特のスマートな立ち居振舞いや豊富な話題へとつながっているのかもしれない。 年をとるにつれ、どういった位置付けになっていくのかは分からないが、彼ならその年齢に応じたハンサムガイを貫いてくれそうだ。 「男は顔じゃない、ハートだ」と言うだけで、外見も内面も磨かない男性も多いなか、ハンサムであることを売りにしつつ、中身を磨いている彼こそ、生粋の男前といえるのかもしれない。
LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。