Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
02月15日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.50
02月01日
映画『半世界』稲垣吾郎・阪本順治監督 舞台挨拶in大阪
特集 > 男の履歴書DX 「松山 ケンイチ」
男の履歴書DX
松山 ケンイチ
氏 名 松山 ケンイチ
ふりがな まつやまけんいち
出身地 青森県むつ市
生年月日 1985年3月5日
血液型 B型
身 長 180cm

プロフィール
2001年HORIPRO×Boon×PARCOによる男性オーディション「New Style Audition」で16,572人の応募者の中からグランプリを受賞し芸能界入り。
02年TVドラマ『ごくせん』(第1シリーズ)で俳優デビューするが、当初は、松本潤、小栗旬、成宮寛貴、石垣佑磨らの影に隠れる存在だった。
05年 『男たちの大和/YAMATO(※1)』に出演した頃から頭角を現し始め、映画 『デスノート(※2)』のL役で一躍脚光を浴びる。
その後は、主演作品が続々と公開され、それぞれ全く違ったキャラで挑むその演技力に、“カメレオン俳優”“憑依型俳優”とも評され、若手俳優の中でも群を抜く、名実共に日本を代表する実力派俳優である。

バイオグラフィ
2000年 青森県立大湊高等学校入学
2001年 PARCOキャンペーン「Looking for a new “NEW”」でモデルデビュー
2002年 TVドラマ『ごくせん』(第1シリーズ)で俳優デビュー
2003年 映画『アカルイミライ』でスクリーンデビュー
2003年 東京都立代々木高等学校卒業
2005年 『男たちの大和/YAMATO』のオーディションで角川春樹にその才能を絶賛され起用。
数々の新人賞を受賞
2012年 NHK大河ドラマ『平清盛』で主演の平清盛役が決定

EPISODE
・地元は青森県むつ市。演技では美しい標準語をしゃべる彼だが、バラエティ出演時や雑誌などのインタビュー時では、敢えて訛りを隠さない。1日でも休みがとれれば地元に帰るほど深い故郷愛があるが故の行為である。
・撮影現場では、演技に関して監督にアイデアを出すことも多く、彼が脚光を浴びるきっかけとなった映画『デスノート』でも、Lが和菓子を食べるお茶目なシーンは彼自身のアイデアによるものらしい。また、12年NHK大河ドラマ『平清盛』では、自ら出演を希望するという、異例の逆指名をするなど、作品に対してかなり貪欲な姿勢が伺える。
・08年映画『人のセックスを笑うな(※3)』のキャンペーンで、「20歳年上の女性との恋愛はあり得るか?」という質問を多く受け、「永作さんならあり得る」という発言をしていたが、その後9歳年上の小雪との交際が発覚。発覚時、交際を隠さなかったオープンな姿勢は好感度が高かった。

ここが男前
角川春樹に「薬師丸ひろ子や原田知世を発見した時より震えた。彼こそ日本のジェームスディーンだ!」と絶賛され、その後も新生角川春樹プロデュース映画に起用されるきっかけとなった映画。松山は、年少兵メイン神尾克己役を演じ、地味な役柄ながら、物語の中心を担う重要な役どころを見事に演じている。
一見、松山が演じているのか分からないくらいの豹変ぶりが話題となった代表作品。頭がキレる役でありながら、お茶目な姿も垣間見せる、愛すべきその演技にハマった人多数。この頃から「カメレオン俳優」「憑依型俳優」という異名を取りはじめ、実力派俳優としての階段を上るきっかけになったともいえる、彼の代表的な作品のひとつ。
それまで、素の彼とは別人のキャラクターが多かったが、この映画に関しては「素ではないか?」と思わせる自然な演技で挑んだ作品。永作博美演じる20歳年上の女性に恋をする大学生の役を演じ、その設定と恋人に翻弄される、まさに年上キラーのカワイイ演技が、多くの年上女性のファンを獲得した。

もっとよく知る動画リンク
朗読 LOVE http://www.youtube.com/watch?v=wojSXuJdNyM
松山ケンイチ×小雪が出席した
『カムイ外伝』の記者会見
http://www.youtube.com/watch?v=Rf80vx3QFSs

総合評価
天性の才能をしっかり活かす貪欲さ
松山 ケンイチ 最近はバラエティ番組への出演も多く、その際に見せる姿はまだまだ20代のちょっとやんちゃな男子であるが、ひとたび演技を始めると、そんな素の姿も普段話している青森弁も全く外に現れることはない。役が乗り移ったかのように、コミカルな役から、キレ役、純粋な男子、影のある青年などなど、共通点が見い出せないくらい異なるキャラクターを演じられるその才能は、まさに天性。元々芸能界には興味がなく、親の薦めで芸能界に入ったという彼だが、それが意外なくらい、役者になるべくして生まれてきたような存在だ。その才能に甘んじることなく、新しい役に挑むたびに、しっかり研究を重ね、自分なりのアイデアを監督に伝えるなど、貪欲に才能を磨き上げ、より高みを目指す姿勢は実に男前。外見に派手さがないため、一見すると、男性オーディションでグランプリを受賞するほどのいい男とは気づきにくいが、背も高く、醸し出す一般人とは確実に異なるオーラは、女性をドキドキさせるには余りある。それでいて、決して気取った感がなく、プライベートもオープンでいる姿勢も好感度大。まだ若手と言われる年齢ではあるが、今後日本の映画界を引っ張っていく大物感が既に漂っている頼もしい役者のひとりである。 松山 ケンイチに学ぶ男前への道
LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。