サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
05月20日
偉大なる二枚目俳優「田村正和」の軌跡
05月18日
大阪上本町活性化プロジェクト
インライフベース 理想のライフスタイルを求めてDIY/造形
特集 > 男の履歴書DX 「松田優作」
男の履歴書DX
松田優作
氏 名 松田優作
ふりがな まつだゆうさく
出身地 山口県下関市
生年月日 1949年9月21日
血液型 A型
身 長 185cm
体 重 73kg(デビュー当時)

プロフィール
俳優。ミュージシャン。73年TVドラマデビュー作『太陽にほえろ!』のジーパン刑事で一躍脚光を浴びる。
その後もハードボイルドからアクション、文学まで、さまざまなジャンルの映画で個性的な役柄をエネルギッシュにこなし、89年には『ブラック・レイン』でハリウッドデビューを実現。その魂のこもった演技と表現者としての飽くなき探究心に、生誕60年、没後20年を過ぎた今も影響を受ける俳優多数(※1)。86年『ア・ホーマンス』では監督としての手腕も発揮。2009年には、妻の松田美由紀さん総合プロデュースによるドキュメンタリー映画『SOUL RED 松田優作』も公開された。

履歴
1949年 山口県下関市に遊郭街質屋の三男として生まれる
1957年 下関市立神田小学校入学
1963年 下関市立文洋中学校入学
1966年 下関市立第一高等学校入学
1967年 下関第一高等学校中退、サンフランシスコに渡りシーサイド大学付属高校に転入
1968年 帰国後、豊島区豊南高等学校夜間部へ編入
1969年 豊南高等学校卒業
1970年 関東学院大学文学部英文学科入学
1972年 関東学院大学文学部中退
1974年 作家の熊本美智子と結婚
1981年 女優の熊谷美由紀と同棲、のちに結婚
1982年 美智子夫人と離婚
1989年 膀胱癌で死去 享年40歳

職歴
1969年 岸田森の六月劇場研究生として入団
1971年 文学座を受けるが落ちる(※2)
「新演劇人クラブ・マールイ」入団
1972年 文学座演劇研究所に入所
1973年 日本テレビドラマ『太陽にほえろ!(※3)』にて、ジーパン刑事役でドラマデビュー。当時大人気で自身も憧れていた萩原健一演じるマカロニ刑事が殉職。その後任という大役だったが、カリスマ的な演技でたちまちヒーローに
映画『狼の紋章』で、主演志垣太郎の敵役として映画デビュー。
1974年 映画『竜馬暗殺』に出演。自宅を隣に構えるほど憧れて止まなかった原田芳雄と共演する
1976年 ドラマ『大都会 闘いの日々』に出演。村川透監督と出会う。これをきっかけに『殺人遊戯』『蘇る金狼』『野獣死すべし』『探偵物語』など数々の代表作でタッグを組むことに
アルバム『まつりうた』でミュージシャンデビュー。その後計7枚のアルバムを製作
1977年 映画『人間の証明』に出演。日本映画初の大規模なNYロケを経験
1979年 映画『蘇る金狼(※4)』に出演。配給収入10億を超える大ヒット作となる。
ドラマ『探偵物語(※5)』で主演・工藤俊作役を演じ、後々多くの人の記憶に残るキャラクターを作り上げる。また、この作品で脚本家・丸山昇一と出会い、その後『処刑遊戯』『野獣死すべし(※6)』などの作品などでも共に仕事。丸山は、優作の厳しいチェックを受けることで名脚本家に成長したと言われている。
1980年 映画『野獣死すべし(※6)』に出演。狂気を帯びた演技で新たな境地へと踏み出す
1981年 憧れの工藤栄一監督作品『ヨコハマBJブルース』に出演
1983年 森田芳光監督の映画『家族ゲーム(※7)』に出演。それまで演じてきた役柄とは異なる型破りな家庭教師の演技が評価され、キネマ旬報主演男優賞を受賞
映画『探偵物語』に出演。薬師丸ひろ子との長いキスシーンが話題に
1985年 映画『それから』で森田芳光監督と再びタッグを組み、『家族ゲーム』とは全く異なる文学作品に挑戦
1986年 映画『ア・ホーマンス』で初監督を務める
1989年 映画『ブラック・レイン(※8)』でハリウッド進出

ここが男前
訃報を聞いて通夜会場の前まで駆けつけたという岸谷五郎、デビュー当時「いい目をしている」と優作に言われたという永瀬正敏、「母親が好きで小さいながらに嫉妬していた」という浅野忠信、優作を兄貴のように慕っていた仲村トオル、SMAP×SMAPで『探偵物語』のパロディを演じた木村拓也など、今活躍中の男前俳優たちで、優作をリスペクトしている人は多い。後陣たちに影響力の強いカリスマ性を持つことは、男前の必須条件だ。
日本映画界の歴史に名をはせる名優・松田優作も、最初から注目されていたわけではない。俳優を志しながらバーでバイトしていた頃は、当時そのバーに通っていた某女優が「地味でよく覚えていない」とコメントするほど、強いオーラを発しているわけでもなかった。スタートから恵まれていたわけではないのに、誰もが憧れる存在へと上り詰めたところがかえって男前度を上げている。

ラストの殉職シーン、ピストルで撃たれたお腹を触り、手についた血を見て『なんじゃこりゃー!』と叫ぶシーンはあまりにも有名で流行語にもなった。格好良くてヒーローだったジーパン刑事が「死にたくねぇ」と人間臭く死んでいくシーンは、お茶の間の期待をいい意味で裏切り、強烈な記憶を残す結果となった。実はこの名場面、台本ではたったの5行しかなかったらしく、優作自身がアレンジし3分半に拡大させたらしい。自らのアイデアと演技のみで、その後何十年も人々の記憶に残すシーンを作れる発想力、演技力はさすが。

ハードボイルドな演技が徹底して披露されている初期映画の代表作。引き締まった体のシルエット、台詞の言い回し、ちょっとした所作まで、どれをとってもため息ものの男前っぷり。愛人役風雪ジュンとのSEXシーンも、野性的でいて美しく、ロマンス的な魅力も存分に発揮。30年経った今も、これだけの演技をやってのけられる役者がいるのかどうか‥と思わせてしまう、唯一無二な存在感を放っている。

元々正統派ハードボイルドの企画で、優作演じる主人公の探偵も硬派なキャラクターでいくはずだったところ、リハーサル初日、優作がいきなり細身のスーツ姿にサングラス、ソフト帽という出で立ちで、ベスパに乗って登場。撮影中もアドリブの連続で、当初の予定とは全く異なる軟派なヒーロー、工藤俊作像ができあがったという。おかげで当時にしてはかなりの異色ドラマとなったが、第1回放送は見事高視聴率をマーク。『太陽にほえろ!』と同じく、自身のアイデアで元々の企画をも覆して名作を生む、その実力と周りを巻き込んでいく行動力に脱帽。

鬼気迫る狂気を帯びた演技が圧巻。特に電車の中で刑事を追い詰めるシーンやレイプする共犯者を前に長々と話しまくるシーンは、醸し出す不気味さが強烈すぎて、女性の中にはひいてしまう人もいるのでは? と思うほど。しかし、役作りのためにスタッフとも音信不通状態となり、10kg減量、頬をこけさせるために奥歯を4本抜いて撮影に臨んだらしく、その意気込みを聞けば、あの迫力も納得。そこまで1つの作品に魂を込められる熱い姿勢は男前以外の何ものでもない。

松田優作と言えばアクションというそれまでのイメージを一新。暴力的でありながらもアクションのようなハードさはなく、『野獣死すべし』のような狂気もない。全体的に淡々としているのに個性的で型破り。シニカルでいてコミカルなニュアンスも漂わせる見事な演技。自身ばかりか、森田芳光監督を鬼才へと仕立て上げ、海外からの高評価を得るきっかけとなった。デビュー10年経ってもまだまだ周りを巻き込み進化しつづける仕事力は見習いたいところ。

当時ほとんど前例がなかったハリウッドデビューを40歳でやってのけた記念すべき作品にして、優作にとって最後の映画作品となった。優作が放つ独特の狂気はこの映画でも存分に発揮され、世界中の絶賛を浴びた。しかし、撮影中優作の体には既に癌が巣食っており、それでも彼は延命をせずに撮影を続行。言葉どおり命をかけて仕事に臨んだのだ。

男前度チェック
顔 ★★★☆☆
優作自身一重まぶたが嫌いで整形手術をしたらしいが、確かに顔だちは地味目で男前とは評価しにくい。ただ、表情や目力は男前的要素十分。また、笑顔(『探偵物語』で多く見られる)は、無骨な表情の印象が強いだけに、そのギャップ感も加わってかなりチャーミング。
スタイル&ファッション ★★★★☆
身長185cm。役柄によって体重は増減するものの、手足が長くて筋肉質の細マッチョ体質は、男前要素としてはかなりの高ポイント。ただ、普段のファッションに関しては、無頓着だったという松田美由紀夫人の発言により★ひとつマイナスで。
所作 ★★★★★
『最も美しく走る男』と言われていた優作。全力で走る姿を美しく見せるには、一朝一夕でできるものではない。やはり日頃からどれだけ自分の所作に気を配って生きているかが現れてくる。実際、本人もそれは常に意識していたようだ。
声 ★★★★☆
低めの声は高ポイント。ぼそぼそした話し方もツボを突かれる女性が多いはず。ただ、あまりにぼそぼそし過ぎて、ちょい早口、しかも口をあまり動かさないので、たまに聞きづらい時があるのが難点。
生き様 ★★★★★
仕事に全力を注ぎ、自分がいいと思うこと、やりたいことの実現のためにはどんな苦労も厭わなかったその熱い姿勢は男前過ぎる。40歳という短い命ながら、多くの名作を生み出し、息子2人も自分と同じ職業を歩むところも、父親として多大な影響を与えている証。
内面 ★★☆☆☆
喧嘩っ早く、撮影中は女優にも手を上げたという噂も。どんな理由であれ、今どきの男なら、女性に手はあげて欲しくないところ。ただ「彼から手を上げることは決してなかった」という証言もあるので、真実はわからず。

総合評価
20年以上たってもリスペクトされ続ける男前エンターテイナー
松田優作 没後20年以上経つのに、未だに愛してやまないファンやリスペクトし続ける俳優が多数。 優作亡き今、彼の代わりになれる俳優がまだ出てきていないということなのだろうか。 何がそんなに魅力的なのか。 彼をリアルタイムで知らない世代には、いまいち理解に欠けるところがあるかもしれない。 けれど、彼の代表作にひとつでも触れてみると、好むか好まないかは別にして、確かに今彼にとって代わる役者がいないことだけは理解できるはずだ。 俳優がその役柄を演じるとき、現場の空気を瞬時に感じとり自然にその絵の中へと存在するタイプと、演じる役柄のキャラクター性や生きてきた背景までを想像し、まるでその役が憑依したかのように演じるタイプの2通りに分かれるとしたら、優作は間違いなく後者。 「リアルさ」が求められることが多い昨今においては、優作が演じるキャラクターは「リアルさがない」のかもしれない。 けれど、『探偵物語』が当時、まったくリアリティのない新しいキャラであったにもかかわらず、その後影響を受けたドラマやキャラクターが登場しているように、リアルでないものをリアルにしてしまう力、なかったものを生み出す力は、まさにエンターテインメントをクリエイティブする力量に優れているからこそ。 顔は決してイケメン系ではないのに、誰しもに「かっこいい!」と言わせてしまうのは、やはり既存になはないものを生み出すべく、ストイックに追求し続ける生き様からくるオーラの賜物だろう。 彼の真似は到底できなくても、「自分はイケメンじゃない」と思う人にも、熱く自分の信念に従って生きることで伝説の男になり得る可能性があることを彼は今も教えてくれている。 まさに松田優作は、自分の身をもって人に夢を与える、最高級の男前エンターテイナーだ。 松田優作に学ぶ男前の道 1細マッチョ体型は何としてでも維持すべし! 2既存のものをぶち破るべく全力で行動せよ! 3男前の所作は日々の積み重ねで完成する。常に意識せよ!
LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録

Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。