サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
09月02日
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
08月05日
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
男を磨く情報TOP10
男のファッション講座〜#13マスクについて〜
秘密基地ライフ 1階コレクションルーム編【大人の秘密基地】
女性和太鼓ユニット:びんか
おもちゃ図鑑の図鑑04・05【JUNGLE Youtu部】
フレンチ料理体験!グランメゾン茨木〜Allegro le mariage〜
男のファッション講座〜#12コロナウイルス・花粉対策〜
突撃!MASASHI no 特殊メイクアーティストに迫る!
モテる紳士の肉体改造〜50代からの男の体づくり〔自重トレーニング〕
簡単にできる隠し扉の制作【大人の秘密基地】
MASASHI no 週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.62
ホビー&ライフ > 贅沢図鑑 > 贅沢図鑑『サッカー・野球観戦』
贅沢図鑑『サッカー・野球観戦』
『贅沢図鑑vol.5 至高のサッカー・野球観戦』
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
どうも! インライフ編集部です!
『贅沢図鑑』第5回目のテーマは“スポーツ観戦”。

夏になるにつれてアクティブになり、シーズン真っ只中のサッカーや野球をスタジアムで生観戦したい!と思いますよね。
僕はスポーツ観戦が好きで、特にサッカーの試合を観にスタジアムへ行きます。「スタジアムで1番高い席ってどこなんだろう…?」という疑問から、今回は『Jリーグ、プロ野球で一番高い客席』を紹介したいと思います。

【サッカー Jリーグの場合】
僕の自宅から3駅の立地に、Jリーグ セレッソ大阪の本拠地「ヤンマースタジアム長居」と「キンチョウスタジアム」があります。



この立地の良さ惚れ、元々サッカーが好きだった僕は実際にスタジアムに足を運ぶようになり、月2回行われるセレッソのホームゲームを観戦していますよ!
さて、どのサッカースタジアムでも共通しているのが“1番高い席はメインスタンドの真ん中付近”ということです。



メインスタンド上方にはテレビ中継のカメラなどが設置されているため“テレビで観るサッカーの試合”と同じ目線で楽しむ事が可能となっています。
また、メインスタンドを中心に試合以外の進行は行われるので、監督や控え選手が座るベンチの他に、選手の入場口や、試合後のインタビュースペースなどを間近で見る事ができるんです。
このメインスタンドで(スタジアム内で)1番観やすく、1番高い席が、『オーナーズシート』と呼ばれる箇所になっています。



簡単に言うと、ホームで1年間に開催される20試合程度の試合を全て観ることができる“シーズンチケット”の中でも最高級のグレードということです。
一般席とは区分けされた専用のゾーンに設けており、座席も豪華仕様でゆったり観戦するのにピッタリ。
お値段は、450,000円(3席1口:2014年)と結構しますが、レプリカユニフォームのプレゼントや、試合前に専用ラウンジ(フード、ドリンク付き)が使えるなどの豪華特典が満載です。

【プロ野球 甲子園球場の場合】
大阪にはオリックスバファローズというプロ野球チームがありますが、関西圏と言えば阪神タイガースが圧倒的に人気で、野球ファンなら一生に一度甲子園の良い席で、阪神VS巨人の“伝統の一戦”を観てみたいと思いますよね。



野球に疎い方でも、“バックネット裏(テレビ中継で映る、球審のすぐ後ろの席)”が1番高い席だというのは知っていると思いますが、この席のシーズンチケットのお値段は、なんと650,000円もするそうです。



『TOSHIBAシート』と呼ばれるこのシーズンシートは、毎年即完売。それも新聞社、放送局、企業や、関係者などが接待で使うために契約するため、一般人が入手できない貴重な席となっています。
調べるとネットオークションや金券ショップなどで1試合だけ(50,000〜100,000円程度)で売られていたりしますが、最前列の席は人気球団がゆえにほぼ入手不可能という状況のようです。
当然、バイキング(プレミアムラウンジ)のサービスがあるので、好きな時に食べて飲んでができ、またこのシート購入者でしか手に入らないグッズがもらえたり、日本シリーズやファン感謝祭などへ優先的に招待してくれます。




ところでこのシーズンシート、オーナーの1人に俳優の渡辺謙さんがいます。



熱狂的なタイガースファンである渡辺さんのガッツポーズ姿、微笑ましいですよね。

【海外のスポーツ観戦】
国内だけでなく、海外のスポーツ観戦を楽しみたい! と思ったらどれぐらいのお値段がかかるのでしょうか?



フットボールの本場スペインのFCバルセロナは、チケットそのものが取れない事で有名です。
バルセロナのホーム“カンプノウ”は、観客収容人数98772人も誇る大きなスタジアムですが、80000席以上はシーズンシートとして購入されているそうです。
元々、ソシオ(ファン)からの会費で運営されているという特殊なクラブなので、80000人が年間シートを購入し、残った数千席を年間シートが買えなかったソシオ販売され、一般人が買える頃に残る席はほんのわずかなんだとか。
高い席の価格は、日本円でおよそ40,000円〜 となっていますが、まず入手する方法を考えなくてはいけません。
普通の席なら、HIS等の旅行代理店が販売している観戦ツアーで204,000〜294,000円(渡航費、ホテル代込み)程度の値段で観戦できるようなので、こういったツアーを利用してサッカーを楽しみたいですね。

さて、アメリカ メジャーリーグでベースボールを観る場合はどうでしょう。



ニューヨークヤンキースの本拠地“ヤンキー・スタジアム”で観れたらいいですよね。
このスタジアムの1番高い席は、“レジェンズ”と呼ばれ、最もフィールドに近い席で、専用レストランでの食事が無料だったり、観戦中はスタッフが注文を取りにきてくれるなどのサービスがあるようです。
ただし、屋根が無いため雨天時にはびしょ濡れになる可能性があります。
また、日本円で84,800円〜 というお値段が影響してか、テレビ中継を観ていると案外ガラガラなので、この金額が出せるという方ならかなり狙い目ですよ!

スポーツを観に行くのは本当に楽しいです。
僕が応援しているセレッソ大阪は、今シーズン下部リーグ(J2)で戦っていますが、応援してなんとかJ1に上がってもらいたいですね!
もし来シーズンJ1に復帰できたら、『オーナーズシート』の購入は難しいですが、まずは安い席の“シーズンパス”購入を考えようかなぁ… と思っています。


はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
関連記事



Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。