Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
12月10日
MASASHIの恋愛失敗談
11月16日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.49
特集 > 幼少期の昔懐かしい外遊びは?ランキング ベスト5
幼少期の昔懐かしい外遊びは?ランキング ベスト5
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック Shareする (facebook)
大人になると塾や習い事の前後に友達と泥だらけになりながら遊ぶ毎日が遠い昔に感じられます。
昔過ぎて忘れかけた遊びを今一度思い出すべくアンケートを取りました。

かくれんぼ(缶蹴り含む) 19.7%
●「みんなが驚く所を発見して鬼を困らせるのが爽快だった」(35歳/証券・専門職)
●「うっかり寝てしまって真夜中の公演に取り残された」(30歳/ IT・技術職)
鬼ごっこ(高鬼、ケイドロ等の派生系含む) 15.5%
●「大人に追いかけられたら本当の鬼みたいで怖かった」(30歳/医薬品・営業)
●「助ける心と見限る心と出し抜く方法をケイドロで学んだ」(27歳/公務員)

ダルマさんが転んだ 9.3%
●「当時は楽しかったけど、今思うとルールが緩い」(45歳/商社・人事)
●「子供が緩急をつけてセリフを言ってる。子供のときに自分もやっていたのを思い出す」(27歳/飲食店経営)
はないちもんめ 7.3%
●「これまでの人生であそこまで露骨にいらないと言われたのはあの時だけ」(46歳/歯科医)
●「好きな人ばっかり欲しいと言ってしまって好きな人が皆にバレた」(31歳/IT・派遣)
ゴム飛び 6.6%
●「年上の女子と一緒にワイワイやった」(40歳/食品メーカー・技術職)
●「まだ歌詞を覚えてる」(29歳/出版・編集))
総評
昔懐かしい遊びが出揃いました。
鬼ごっこの派生はとても多く、色鬼、氷鬼など沢山の回答が得られました。
また、ケイドロの名称も探偵、盗人、ドロケイ、シュンドロなど地方によって様々な呼ばれ方をしているようです。
空き地は少なくなりましたし、携帯ゲーム機の普及という逆風もありますが文化として何世代も遊び継がれていけばいいですね。
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。