サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
04月01日
男のファッション講座〜#8スーツに合わせるアイテム〜
03月25日
女性和太鼓ユニット:びんか
特集 > 彼女以外の女性におごれる限度額は? ベスト5
彼女以外の女性におごれる限度額は? ベスト5
はてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック Shareする (facebook)
「男性は女性におごるのが当たり前」
最近はワリ勘派も増えていますがまだまだそのイメージは根強いですよね。
まあ、愛しの彼女には財布の紐は緩みますがそれ以外の女性となるとちょっとシビア…
そこで今回は特に「彼女」という関係以外の女性に対しておごる時、男性はどれだけの金額を許容範囲として考えているのかアンケートしてみました。
1,000〜3,000円 39.4%
●「女性だからといって金額は変わらない、男友達におごるのと同じ感覚」(20才/会社員)
●「好きなタイプの女性だとしても最初からおごり過ぎると後々怖いので…」(28才/カメラマン)
1,000円未満 27.1%
●「女友達におごるならファーストフードレベルが限界」(21才/学生)
●「お金のことはキッチリしておきたいので基本ワリカンです」(27才/フリーター)
3,000〜5,000円 17.8%
●「合コンで男性が支払う金額ってだいたいこのくらいでは?」(30才/販売)
●「ケチな男を思われたくないが、これ以上はちょっと厳しい」(35才/編集)
5,000〜10,000円 7.4%
●「会計時に女性に財布を出させるのは男として情けない」(41才/公務員)
●「会社の部下におごることもある、これは男女問わないが。」(47才/会社役員)
10,000円以上 5.3%
●「おごる価値がある女性であれば金額はそれほど気にしない」(42才/飲食)
●「釣り上げるまでの餌だと思えば…」(33才/営業)
総評
◆それぞれの「おごる目的」

3,000円未満が6割以上、5,000円未満が8割以上という結果。
「男性がおごるもの」という風潮への反発や懐具合の影響か、年齢が若い人ほど金額は低めの傾向に。

おごる側の男性の目的としては

・通常の友人関係の一環として、
・周囲の目・評判を気にして、
・未来の彼女(になるかもしれない)への投資、
・上司としての立場、
・男の義務

などが見られます。

「男性が女性におごる」
この文化・風潮は元々男性が作ったものだ、という考え方もあるようです。
とはいえ、おごられたときに「当然」という表情だけはNG。
微笑みながらの「ありがとう」。
その感謝の言葉で気分よく支払いを済ませることができる男性は多いのですから。

Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。