Twitter
サイトマップ
RSSフィード RSS2.0 ATOM
男前になる方法を集めた大人のライフスタイルマガジン インライフ
フリーワード検索
インライフ新着情報
08月23日
男のロマン!週刊バック・トゥ・ザ・フューチャーに挑む!Vol.54
08月19日
チャン・イーモウ監督が描く三国志!『SHADOW/影武者』
有名人大解剖 > 市村正親

人物

プロフィール

  • 本名:同じ
  • 出身地:埼玉県川越市出身
  • 生年月日:1949年01月28日(66歳)
  • 身長:170cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優・声優
オフィシャルサイト:http://www.ichis.com/

経歴

生粋のエンターテイナー

埼玉県川越商業高校卒業(高三の時、演劇部に入部)
舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。
1973年劇団四季へ入団し、数々の舞台で主演を勤め1990年退団(17年間)
退団後はミュージカル、ストレートプレイ、テレビドラマ、ナレーションで活躍。なかでもミュージカル俳優としての演技水準は高く、舞台『ミス・サイゴン』で演じたエンジニア役では、そのエンターテイナーぶりを知らしめ「世界一のエンジニア」と称された。

作品

舞台代表作

  • イエス・キリスト=スーパースター(1973年)
    1場面のみの登場だが主役を食うオーラ
  • ウエストサイド物語(1974年)
    歌はほとんどなく、味わい深い台詞が楽しめる
  • オペラ座の怪人(1988年)
    圧巻の演技力で魅了
  • ミス・サイゴン(1992年)
    初演から22年目を迎えるロングラン舞台
  • 屋根の上のヴァイオリン弾き(2004年)
    家族で観たい感動劇
その他、テレビ・映画・アニメ吹き替え・ゲーム吹き替え・人形劇・ナレーションなど多方面で活躍。

家庭

母親との思い出

母から叱られたことがなく、いつも『お前はエライね』と褒めてもらっていた。
一方、父親からは『餓えろ!!』と対照的。おそらくハングリー精神が大事と言いたかったのだと思う。

配偶者

前妻:八重沢真美(1984年-2003年5月)
2003年離婚(篠原さんと出会った頃にはすでに別居状態だったらしい)
現妻:篠原涼子(2005年12月--)
当時既婚者であった市村さんとの恋愛は不倫であった!?
2003年に前妻(八重沢)と離婚して2005年末に結婚。当時は略奪婚と言われた。

篠原涼子との馴れ初め25歳年上の市村さんとは2001年舞台「ハムレット」の共演をきっかけに接近。

夫婦愛

「子供が2人いる今でも二人で食事や筋トレ・デートもするという」

子供

長男7歳・次男3歳 学校は名門「青山学院初等部」へ

食事

好きな朝食

「ダイヤコーヒーの小倉トースト」
ダイヤコーヒーは、名古屋にある喫茶店兼コーヒー豆・喫茶材料の販売店。 モーニングサービスは350円でコーヒー&厚切りトースト(小倉・生クリーム付)。

冬の食卓の定番

きりたんぽ鍋(秋田の友人が送ってくれる)

行きつけのお店

麻布十番にある老舗洋食屋「Edoya」
店内はこじんまりしたアットホームな雰囲気。お薦めは1365円のハンバーグ。
秘伝のデミグラソースに玉子焼きがのって何とも言えない美味しさ。

収入

ミュージカル俳優としてはトップクラス

ミュージカル俳優としてトップクラスの市村さんだと年収は数千万円。
TV・CMなどにも出演しているので億近いのでは…。
ちなみに中堅俳優だと1ヶ月の舞台のギャラは約15万程度・新人なら1ステージ1万円
妻(篠原涼子)はCM一本6000万円と言われ常に5本以上をキープ。
ドラマだと1本あたり400万円と言われています。年収は夫より多く3億以上。

趣味

筋トレ

夫婦でジム通い(市村さんは週1回・篠原さんは週2回)
市村さん曰く「毎日どこかが筋肉痛であってほしい」

好きな場所

東京ミッドタウン・食堂街

その他

  • 学生時代は柔道部所属
  • ダジャレ好きは有名
  • お笑いも大好き
  • 特技「模写」(舞台でゴッホを演じ、ひまわりを何度も模写した)
  • 親友は鹿賀丈史(劇団四季時代のライバル)

事件

生家

市村の生家は川越市にあり、瓦屋根の2階建。2012年に母親が亡くなり「空き家」になっている為、週1回はお手伝いさんが風通しや草むしりをしている。実は仕事で忙しい市村に気を使い妻の篠原涼子が手配したらしい。育児から家事全般まで完璧にこなす篠原は好感度が高い。

病気

2014年7月初期の胃がんが発見
(胃の半分を摘出したにも関わらず、術後3ヶ月で舞台に復帰)

功績

数々の賞を受賞

  • 1980年:第18回 ゴールデン・アロー賞演劇賞(『かもめ』『エレファントマン』)
  • 1992年:第47回 文化庁芸術祭賞(『ミス・サイゴン』)
  • 2007年:春の紫綬褒章
  • 2013年:「イクメンオブザイヤー」受賞
※1989年 第40回紅白歌合戦ではミュージカル俳優としては初めて出場し、「オペラ座の怪人」劇中歌を披露。

総評

市村正親は永遠のミュージカルスター

若い頃はプレイボーイとして有名だったらしいが、いまはイクメンで愛妻家。
60歳を超えても驕らず、常に廻りに気を使うムードメーカー。
現在66歳だが若々しく性欲も強そう。「性欲=生命力」柔軟な身体と家族愛を糧に強い生命力を発している。永遠のミュージカルスター!!
市村正親の似顔絵製作過程はこちら↓
【オトナの趣味道<イラスト編>:似顔絵「市村正親」】
LINE@で男を磨く最新情報をゲット!
インライフの更新情報を毎日1回お知らせします。
更に知りたいジャンルを送ればキーワードに合った記事を自動で返信!
こちらの記事は随時追加、更新されていきますので気になるワードをどんどん入力してみてくださいね!
登録方法

スマホの方は友達ボタンをクリック!

友だち追加数
PCをご利用の方は左のQRコードを読み込むか、LINEの検索で『インライフweb』または『@njm8093x』を検索してください。
はてなブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録
Copyright ©2006 INLIFE All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・動画・イラストなど、全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。